貿易事務で役立つ資格と資格取得のための近道

貿易事務で役立つ資格と資格取得のための近道

タイピング

英語関連の資格

貿易事務の仕事では、英語でメールのやりとりや電話対応を行うことが多くあります。そのため、TOEICや英検といった英語関連の資格は就職や転職の際に有利に働くことがあります。

貿易関連の資格

貿易関連の資格には、「通関士試験」や「貿易実務検定試験」などがあります。貿易に関する幅広い知識が求められる試験です。貿易関連の資格を持っていると就職や転職だけではなく、実際に働いているときにも役に立ちます。

セミナーや研修は資格取得の近道

資格取得の近道は、セミナーや研修に参加することです。貿易事務に必要な資格を取得するためのセミナーや研修は多く開催されています。知識が全くない未経験の方でも、セミナーや研修に参加することで、効率的に勉強をすることができ、早めの資格取得が可能になります。

事務職の種類

貿易事務

貿易事務は、日本と海外の取引を支える大切な仕事です。高いコミュニケーションスキルと英語スキルが必要不可欠とされています。

一般事務

企業や官公庁、施設などで求められる仕事が一般事務です。基本的な事務業務をこなします。働く会社や場所によって仕事内容は変わります。

総務事務

総務事務の仕事の目的は、企業の総務部で業務をスムーズに進められるようにすることです。設備管理や発注、契約書作成などが主な仕事になります。

人事事務

新しい人材の募集や、人事採用の管理など人事に関する仕事を任されるのが人事事務です。他にも給与支給額計算や労働保険の手続といった仕事があります。

営業事務

営業事務の仕事は、顧客からの電話対応や商品管理、プレゼンテーション資料の作成など、営業担当スタッフを支えることがメインとなります。

広告募集中